More Gourmet 

・・こんな名前にしちゃって、恥ずかしいんですが。。(^^;  私が食べ歩いたお店の紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GALLERY 藍染

この間 うどんの 釜竹 へ行った際に、ちょっと気になるお店があったのに、
時間がなくて寄れないところがありました。泣き顔
それは、和カフェお茶
折角 ここらへんへ足を運んだのだから、もう一度お店を探してみようbikkuri01

画像 3789
こちらギャラリー 藍染 

東京都台東区池之端4-14-2
℡:03-3824-1504
OPEN:10:00-18:00
水曜定休


大きな地図で見る

COFFEEコーヒー って看板があったから、カフェなんだろうと思っていたけれど、
どうやら、ここは ギャラリーもあるみたい。
門をくぐるとすぐ、お庭に古本が置かれていて、思わず足を止めて見たくなる。
入り口が2箇所あるように見えて、どっちから入るのか考えていると
女将さんが どうかしましたか? と来たので、
喫茶をしたいのです。と応えたらば、 どうぞどうぞと濡れ縁へ呼ばれた。
ここで、ちょこっと上がって靴を脱ぐのねぇ。。

お店はすぐ女将がいるカウンターになっていて、その奥がギャラリー兼喫茶室になっている。
画像 3792
ふと雑誌を見ると、2007年 9月号のOZ にも掲載されて、
置いてあった。
ネットで見ると、過去には 「アドマチック天国」 でも放送されたのね。。

画像 3796画像 3794画像 3801画像 3798

メニューはシンプルに珈琲・紅茶のみ。
珈琲を注文したら、サイフォンで丁寧に入れてくれた。
お気持ちばかりのチョコも1つおまけに付いてくる。

アートギャラリーは 木曜~火曜日までの6日間で ギャラリー貸出料 10万円。
絵を飾ろうとしたことがないので、この金額が安いかどうか解らないけれど、
確か 自由が丘の 古桑庵 でもそのくらいの金額を見たような気がするから、 
普通なんだろうな。。guru

画像 3790

根津近辺でお散歩に疲れたら、足
ちょっと一休みするのに 落ち着いてよいところだと思いました。絵文字名を入力してください



hana

Koroの満足度
nf01_01.gif  nf01_01.gif


a1.gif

一休みしたら、また ちょろちょろと歩き出す。
画像 3803

ここは創業明治28年の染物屋さん。
たしか、ずっと以前に 手書き風シリーズ38テレビ ハピふる! の 益田由美のとうきょう歩き で
ここが取り上げられていたと思う。

そのときの放送によれば、このお店のまん前に川が流れていて、昔はお店の前で
藍染を川で流していたとか。。
今はもう道路だけれど、お店はしっかり残っているんですね。

手ぬぐいや和小物もあって、観光客の足を止めていました。

画像 3804

それから旦那さんに連れられるまま

谷中銀座 と言うところへ行った。

下町の商店街だ。

行列が出来ているコロッケ屋さんは、jumee☆camera1a撮影禁止
なんて、貼紙が貼ってあった。

飴屋さんがあったり、お煎餅屋さんがあったり、
佃煮屋さん、肉屋さんと
買い物しないでも、見ているだけで楽しかった。アップロードファイル

画像 3805

でも、珈琲好きのKoroちゃんは、
やっぱり珈琲のお店が気になってしまって、

ここにも入ってみたくなっちゃった。。

だけど、さっきお茶しちゃったばっかりだから、
もう飲めないんだよねぇ。。 残念 絵文字名を入力してください

なんか、ここだけの写真を見ていると、
これが本当に東京か?
って気がしてきちゃうよねぇ。。

華やかなところもいいけれど、こういう下町風情のあるところも
いいよねぇ~。ハート

さぁ、ぷらぷらしていたら、お腹が減ってきた。
夕食を食べに行くぞ~jumee☆loud laugh1

ランキングに参加しております。 お気に召したら、ポチ☆とクリックしてね。

ブログランキング

スポンサーサイト

« 黒薩摩 総本店  -鹿児島料理-|Top|鰻割烹 伊豆栄 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moregourmet.blog57.fc2.com/tb.php/618-ff648748

Top

HOME

Koro

Author:Koro



くいしんぼです。



美味しいものを捜し求めて、あちこち食べ歩きしています。
お星様の数でその時食べたお店の
私の満足度を出していますが、
あくまでも私個人の満足度です。
個人差があるので、ご注意ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。