More Gourmet 

・・こんな名前にしちゃって、恥ずかしいんですが。。(^^;  私が食べ歩いたお店の紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祢保希(ねぼけ) -土佐料理-

今日は旦那さんと銀座でデート
20070226181329.jpg
きゃっつ 黒革の手帖って感じですねぇ。。

2人で何を食べようか? って話になったときに、やっぱり田舎者の私達(旦那さんは自分は違うと否定)は、茨城では食べられないようなものを食べたがります。

今回は郷土料理にしようってことで、旦那さんは能登料理、私は土佐料理を食べたいと言いました。
こーなったら、妻は強し 土佐料理に決定

で、向かった先はこちら。。

20070226181835.jpg 祢保希 ねぼけ
 東京都中央区銀座7-6-8 西五番街通り
 ℡:03-3572-9640 FAX
 OPEN: 月-金 17:00-22:30 
 土 16:00-22:00 
 日・祝定休



へぇなんか素敵なお店
20070226182256.jpg20070226182534.jpg20070226182405.jpg
私達は1Fのテーブル席に通されましたが、
上の階には、座敷や個室がある様子でした。

私は土佐の鰹が食べたくて、土佐料理を選んだんですけれど、
土佐では、お皿の上に幾種類も盛った 皿鉢料理 も有名だそうです。
20070226182939.jpg20070226183007.jpg20070226183033.jpg
メニューです。
※画像はクリックすると大きく見えます。
今では入手困難な鯨料理や、クエというお魚のお料理
焼きサバ寿司、桜鯛のしゃぶしゃぶなど、珍しいメニューがいっぱいありました。

私達は、特選皿鉢コース ¥6500- を注文しました。

まずはお通し・・
20070226183908.jpg
昆布・とろろ・梅干 トップに蟹の身が乗ったものでした。
とろとろっとした感じと梅の酸味が絶品です。
海援隊 と言う米焼酎のお湯割りと一緒に頂きました。

20070226204415.jpg
コースターも 阪本竜馬 になっていました。 さすが

20070226204608.jpg
あんきも
茨城の人にあんきもを食べさせたら、ちょっとうるさいですよ・・へへ。

20070226204934.jpg
もずく
トップには、とろろがかかっています。

そして、私のお待ちかね・・
20070226205142.jpg
鰹のたたき
土佐鰹ですよ~ 何を使って焼いたのかな?
とっても皮が香ばしくて、美味しかったです。

20070226205408.jpg
綺麗でしょう?
もうここまでで、おなかがかなりいっぱいになってしまいました。

そこへ皿鉢料理が登場
20070226205708.jpg
じゃーん
このお皿、小さな回転台に乗っているんです。
お店の方が、くるんと回すと、お皿がぐるぐる回転します。
おおっつ! まるで中華の回転テーブルみたい。。

20070226210026.jpg
お刺身は
鰹・平目・大目鯛・えんがわ 

20070226210220.jpg
白身魚のマリネ・鯨の舌と大豆の和え物・焼き蒲鉾・あゆの甘露煮
鯨の舌って初めて食べたんですけれど、のように、
ふわふわした食感でした。

20070226210651.jpg
酢で〆てあります。 身が大きくて美味しいです。

20070226210841.jpg
あゆの甘露煮も煮崩れせずに、さすがプロって感じです。

20070226211010.jpg
焼き蒲鉾の中味は何が入っていたんだろう?
食べててもよく解らなかったけれど、小豆かな?

20070226211210.jpg
この階は何だか解りますか
20070226211321.jpg
チャンバラ貝 って言うんだそうです。
貝の先に爪のような刀が出ているでしょう?
刀があるから、チャンバラ貝なんですって。 なるほど

20070226211535.jpg
ばい貝も付いていました。
チャンバラ貝は刀の部分をもって回すと簡単に取れますが、
ばい貝は蓋をとって、身の部分に楊子を刺し、くるんと回して採ります。
下手をすると、貝の味噌の美味しいところが、切れちゃって
食べれなくなっちゃうんですよね。
でも、このくるんが楽しい

さてさて、お楽しみは後に残すタイプの私が食べるのは・・
20070226212001.jpg
伊勢海老
ひゃ~、久しぶりです。 いただきまーす
20070226212218.jpg
あ~、美味しい 刺身でも食べたいなぁ。。

20070226212443.jpg

もう おなかいっぱい。。食べられない。。
でも、まだコースは続きます。

そこで、ちょっと一献。
土佐鶴 をあつ燗でいただきます


20070226212919.jpg
鰤の照り焼き
綺麗な照りが出来ています。
定番ですが、やっぱり私が作るのよりずっと美味しいです。

焼き物のあとは、お食事へと続きます。
20070226213205.jpg
焼き鯖寿司・金目鯛の寿司
焼き鯖寿司は、よく東京駅や羽田などのお土産に売っていて、
食べたことがあるんですけれど、それとは全然違いました。
かなり鯖の脂が乗っています。
金目鯛は反対にとてもさっぱりしたお味でした。

20070226213726.jpg
若布の味噌汁
若布の身が厚くてびっくりしました。
も入っています。

さぁ、長々とご覧頂き有難うございました。
最後のデザートです。
20070226213955.jpg
アロエぜんざい
すっごいぶっといアロエが、お餅や白玉の代わりに入っています。
あら~、不思議。 アロエと餡って合うんですね。

ご馳走様でした。

味はどっちかと言うと、少し濃い目だったかな?
中でもお通しとお刺身は絶品でした。

帰りにお土産にボジョレーヌーボーのハーフサイズをプレゼントしてくれました。

お店の雰囲気といい、お料理といい、お店の人の対応やお料理の説明
と、とてもいいお店でした。

hana

Koroの満足度
nf01_01.gif  nf01_01.gif


ランキングに参加しております。 お気に召したら、ポチ☆とクリックしてね。

ブログランキング

スポンサーサイト

« チャンパー -タイ屋台料理-|Top|クルーズクルーズ -豪華客船でお食事- »

コメント

★umekoさんへ★
お返事が大変遅くなってしまってごめんなさい。
そうです。 「さわち」って読むんですよね。 私は解らなくて、旦那さんがさわち料理を言ったとき、「あんたどこのメニューみて言っているの?」なんて聞いてしまって・・私が読めないだけだったんですよね。 恥ずかしいです。
umekoさんも花札やるんですか? 私は今年まで知らなかったんですが、旦那さんのお母さんに仕込まれて、こいこいが出来るようになりました。

★houbuntarouさんへ★
はじめまして。コメント有難うございます。お返事遅くなってすみません。
ほんと、とっても太いアロエだったんです。 アロエって美味しいですよね。
家では飾ってあるだけで食べないんですが、今度食べてみようと思います。
どんなアロエでも、食べれるんですかね? 

アロエ!その驚異のパワーをお届けします。

アロエは、3600年もの昔から、その驚異のパワーは素晴らしいと認められ、人類の健康を支えてきました。アロエをよろしくお願いします。そのパワーは驚異です。
そのくらいぶっといアロエでしたら、効果がありそうですね。

皿鉢は、確か、さわちって読むんですよね。
高知市の「司」に行ったことがあります。
この坂本竜馬のイラストのマッチをそのときもらってきて
気分が出るので花札のときによく使っています(?)
旦那さんと仲良しでいいなぁといつも思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moregourmet.blog57.fc2.com/tb.php/326-47db3e80

Top

HOME

Koro

Author:Koro



くいしんぼです。



美味しいものを捜し求めて、あちこち食べ歩きしています。
お星様の数でその時食べたお店の
私の満足度を出していますが、
あくまでも私個人の満足度です。
個人差があるので、ご注意ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。